フォト

他のアカウント

« 2006年10月 | トップページ | 2007年1月 »

2006/11/28

逗子フィルム・コミッション訪問記

Zushi_shiyaksho 去る11月16日、神奈川県逗子市の「逗子フィルム・コミッション」主催の「エキストラ養成講座」という催しに、なんと「講師」として参加してきました。
 全3回のうち1、2回目はプロの俳優のかたによる「演技体験実習」で、最後の第3回がぼくの担当。
 たかだかエキストラ歴3年弱で「講師」って、気恥ずかしいというか、ある意味無謀な気もしますが、まあ「三年生が一年生に語る」みたいな意味あいで、かえって親しみをもって聞いていただける面もあるか……というわけでお引き受けし、自分なりの実体験、そこから得たもの、楽しみ、注意点など、なるべく具体的・実践的な話を中心に2時間ほどおしゃべりしてきました。

続きを読む "逗子フィルム・コミッション訪問記" »

2006/11/19

レギュラー主演ネットムービー放映スタート

 先日当サイトでエキストラ募集のお知らせをした「あるある探検隊・レギュラー主演のショートムービー」が公開開始されました。

●「ロッテリア おいしさの謎を探検」vol.1 いつまでも変わらない笑顔がある
http://lotteria.jp/yoshimoto/oishisanonazo/regular/index.html
http://lotteria.jp/ ←ロッテリアのトップページはこちら。

 客席最後部からステージ方向を撮ったカットでは観客は後姿だけですが、要所要所に「大笑いしている観客たち」のカットが挿入されています。ぼくも含め、当日参加された皆さんは(たぶん)全員、かなりの「寄り」でばっちり映ってるようです(^^;。

 この「観客たちの笑い顔」部分は、レギュラーの2人のステージの収録が終わったあとで別に撮られたもので、つまり「目の前に笑える対象がない状況での笑う"演技"」が必要だったのですが、人間って不思議なもので、まだ2人のステージを素で爆笑した余韻が残っているぶん、「さあ笑って!」的な指示にも意外と自然に対応できてしまいました。
 レギュラーのお二人とスタッフの皆さん、「おいしくて楽しいお仕事」をどうもありがとうございました。

2006/11/18

佳境・映画『パッチギ!PART2(仮)』エキストラ募集中

<茨城ロケに参加してきました>
 17日夜から翌早朝にかけて、『パッチギ!PART2(仮)』の「列車シーン」徹夜撮影(11月12日記事参照)に参加してきました。
 朝8時ごろ帰宅して午後まで爆睡、それでも寝たりなくてまた夕方まで寝てしまい、そのあと夕食食べてTV見て、ようやく今こうやって記事を書いているわけですが(ああ、仕事がたまっていく)、間違いなく「この映画を代表するド迫力シーンの1つ」の撮影の様子をナマで目撃させてもらった、というのが端的な感想です。
 その意味では大満足ですが、東京都心より気温が低い郊外=茨城県某所の駅の吹きっさらしのホームを使っての夜通しの撮影。しかも季節設定は「9月」なので本番では比較的薄着での出演。個人的にはあらかじめ寒さは想定して準備したつもりだったのですが、それでも夜中の2時、3時となると相当寒さが身にしみました。

2006/11/09

「パッチギ! PART2(仮)」で"一人現場(?)"体験してきました

 少し遅れての報告になりますが、火曜日に「パッチギ! PART2(仮)」(注1)の撮影にまた参加してきました。

 今回割り当てられた役柄は(出番が多いわけじゃないのだけれど)メイクや扮装に時間がかかる特殊なものだったため、ぼくだけ前日に急きょ呼ばれてロケ先近くに宿泊。当日は5時30分からプロの俳優さんたちにまじってメイク・衣装着付け開始……という、ちょっと珍しい体験をさせていただきました。月曜から火曜にかけてブログの更新ができなかったのもこのためです(^^;。

続きを読む "「パッチギ! PART2(仮)」で"一人現場(?)"体験してきました" »

2006/11/08

「"レギュラー"出演ネットムービー」の撮影に参加してきました

iconicon 先週末に当サイトで告知した「"レギュラー"出演ネットムービー」、月曜日に実際に撮影に参加してきました。

 「平日日中」、「告知から締め切りまで3日弱」「年齢制限あり(40歳以上)」と、募集条件がキビしい中で「20名募集」ってことで、正直な話「一人も集まらなかったら申し訳ない」というのが自分も参加した最大の動機ですが、幸いにして「約5名」(本人含む(^^;)にご参加いただけました。参加されたみなさん、どうもありがとう&お疲れさまでした。っていうか、めちゃめちゃ楽しかったですよね。

 なにしろ主役の「レギュラー」の2人は、本番中もそうでない間も、ステージに上がっている間じゅう喋りっぱなし、客席を沸かせまくり。その「芸人魂」には敬服しましたし、やっぱり「ナマ」は一味違うなあ、みたいなことも感じました。
 またいつか似た募集があったら(あると保証はできませんけども)、今回参加できなかった皆さんもどうぞお見逃しなく。

« 2006年10月 | トップページ | 2007年1月 »

運営人プロフィール 運営:有限会社メディアポート [会社概要] [プライバシーポリシー] [告知掲載について]