フォト

他のアカウント

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006/07/24

「神田川のページ」を移転しました

 前から「そのうちやらなきゃ」と思ってたことなのですが、
  http://homepage1.nifty.com/yanaken/kandagawa/
 ……のURLに従来置いていた「神田川のページ」を、昨夜から今朝早くの時間帯にどどっと下記(先月から使い始めたlacoocan内)に移転しました。

http://mediaport.on.coocan.jp/kandagawa/index.htm

 ウチは@niftyがプロバイダですけど、光接続で契約しているのは別のID。「神田川のページ」で使っていたのは、ホームページが開設できる契約の中でいちばん安い「お手軽5コース」として保有しているIDです。
 しかし、この契約だと、従来のサイト(@homepage)は「無料」で使える容量が20MBどまり、それ以上使いたい場合は毎月追加料金が税込み525円かかってしまいます(これでも最近増えたばかりで、それまでは2段階分の増量を申し込んで運用していたのでもっと払っていたのですけど)。
 光またはADSL接続契約だと100MBまで無料で使えるんだけど、そっちはそっちですでにYanaKen's Page として長年使ってます。皮肉なことにこちらは20MBすら超えてません。

 なので今回の移転に際しては、
・「神田川のページ」を現行「YanaKen's Page 」側に吸収する案。
・「神田川のページ」を「lacoocan」に移転する案。
 ……の2つが主要な選択肢として考えられたのですが、結局、
「lacoocanにまとめれば、(Movable Type導入によって)同じサイト内に関連テーマのブログも吸収できる」
 というあたりが決め手となって、「lacoocan」側に移転することにした、というわけです。うわー説明長い。

 で、実際にやってみると、
「まるごと手元にダウンロードして新サイトにアップロードしなおす」
 ……というレベルでの物理的移転作業は(一部にURLの書き換えとかの必要も生じましたが)そんなに面倒じゃないんだけど、「必然的について回る関係の諸作業・諸手続き」の量はなかなかハンパじゃないですね。正直、まだ終わってないです。
 近々別のコンテンツでも似た作業を行う「可能性」が極めて高いため、自分のために以下、今回どういう作業をやったかメモしておくことにします。

続きを読む "「神田川のページ」を移転しました" »

2006/07/17

ブログを1つMovable Typeに移行してみました

 このサイト内の既設ブログで最もアクセスが少ない(というか、もともと雑誌原稿の再録で、ほとんど更新もしてなかった)"「黒字のホームページ運営」考"を、本日「Lacoocan」のサイトのほうに移しました。新URLはこちら。
http://mediaport.on.coocan.jp/surplus/

 記事自体は情報が古いままなので、今の時点で読んでもあまり面白いとか役に立つ内容じゃないですけど、先々はこれを土台に、アフィリエイトの話題その他、「オンラインで収入を得る」系統の話題を「自分なりの視点で」少し書き溜めてみようかな、なんて思ってます。

 で、移転先では、先月の記事でも触れた「Movable Type」というシステムをまるごと導入して自前で動かしています。

 長年?親しんでいる「ココログ」とは、(同じシックス・アパート社の製品には違いないんでデータの互換性とかは問題ないものの)ずいぶん勝手が違っており、ひっくるめていうなら高機能なかわり、ぜんぜん初心者向きじゃない(^^;)ため、ものすごく試行錯誤しながらの移転となりました……というかまあ、要するに「休眠コンテンツの移転」という作業を通して、Movable Typeの操作の経験値を積んでるところ、というわけですね。

 で、とりあえずの移転を終えてみての感想はというと……自分も初心者なので人におすすめとかまではいいづらいんだけど、
・カテゴリを階層化できたり、「タグ」というしくみを利用して別の角度での記事分類が可能であるなど、なんというか「まとまったコンテンツの作成に向いたカスタマイズの余地」が広い(らしい)。
・操作のレスポンスは(自分専用にプログラムが動くわけなので当然という気はしますが)きわめて良好。
 などなど、いろいろ「可能性は感じている」ところであります。

2006/07/06

ロケのついでに「東京で全国めぐり」!?

「エキストラ」と直接に関係ないですが、都内に多数ある全国各道府県の「アンテナショップ」をフィーチャーした私鉄各社主催「ふるさとアンテナショップめぐり」という催し(今年が3回目)が7月1日からスタート(8月31日まで)。参加各鉄道会社の駅などで「ふるさとアンテナショップめぐりガイド」が配布されています。

ふるさとアンテナショップめぐり2006ガイドマップ この「ガイド」はかなり人気が高いらしいので、駅で見かけたら品切れにならないうちに入手されることをおすすめします。下記の2つの優待のしくみが付属してます。
・クーポン券=各アンテナショップでの商品/記念品プレゼント(または全商品割引など)の引換券3枚。
・スタンプラリー欄=500円以上の買い物で押してもらえるスタンプを3つ集めると、各店からのプレゼント(数千円相当のものが多いようです)が抽選で当たる。

クーポンでもらえるモノの例:
・いきいき富山館(有楽町)…「富山の名水」500mlボトル
・わかやま喜集館(有楽町)…特産ジュース「和歌山三兄弟」190g
・香川・愛媛せとうち旬彩館(新橋)…すももドリンク または 愛媛みかんポンジュース
・コウチ・マーケット(築地)…ゆずドリンク「ごっくん馬路村」
・とくしま藍あいプラザ(虎ノ門)…「ザすだち」ドリンク
・銀座わしたショップ(銀座1丁目、沖縄のアンテナショップ)…クーポンで商品一律5%割引。

 特に、都心のあちこちを飛び回る頻度の高いエキストラの皆さんの場合、この夏の間はこの「ガイド」を常時持ち歩いてれば、ロケで都心に出たついでに近辺のアンテナショップに立ち寄るだけでジュース一本タダでもらえちゃったりするわけで、なかなかおいしい話なんじゃないかと(^^;(もちろん、エキストラ以外の用事でも同じですけども)。

 詳しいキャンペーン参加店情報などは主催各私鉄のオフィシャルサイト等にあんまり詳しく載ってないんで、がんばって下記ページにまとめてみました。ご活用ください。
http://mediaport.on.coocan.jp/kandagawa/goods/zenkoku2006summer.htm

2006/07/04

今夜のドラマで「ニューハーフ・ショー」の客の役。

 少し前「都内某所のショーパブの"ニューハーフショー"の観客役」のエキストラをやってきました。
 限りなく女性に近い男性=ニューハーフ=がステージで繰り広げる、華麗にしてエネルギッシュな乱舞を楽しむ人々……という設定で、実在のお店でホンモノの踊り子さんたちによるショーを撮影したもの。
 作品は今夜9時のNTV「ドラマ・コンプレックス」枠で放映される、浅野温子主演『薔薇の微笑 愛すれど心哀しく』という2時間サスペンス物。原作は夏樹静子『黒白の旅路』。今朝の新聞に書いてあるサブタイトルがなんかすごいですね。

「天城山心中に隠された妖艶な未亡人の犯罪計画!?生まれいずる悩み…性同一障害を超えた愛の奇跡…衝撃の夫婦の絆!」
 内容は今夜見てのお楽しみっちゅうことにしておきますが、実際にドラマを見おわって「ニューハーフショーって面白そう、今度行ってみようかナ」と思ったかたは、下記に都内の「代表的なニューハーフのショーのお店」をリストしましたのでご参考にどうぞ。

新宿歌舞伎町 黒鳥の湖
ぐるなび「らくらく幹事さん」の紹介ページ
ホットペッパー.jpの紹介ページ

新宿歌舞伎町 アルカザール
ぐるなび「らくらく幹事さん」の紹介ページ
ホットペッパー.jpの紹介ページ

続きを読む "今夜のドラマで「ニューハーフ・ショー」の客の役。" »

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

運営人プロフィール 運営:有限会社メディアポート [会社概要] [プライバシーポリシー] [告知掲載について]