フォト

他のアカウント

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005/03/12

地下鉄飯田橋駅の券売機の「穴」

 昨日は久々……というか今月に入ってからは初めてエキストラのお仕事(風邪ひいて休んでたのです)。内容は某人気連続ドラマの最終回(もうじき4月の改編期ですからね)の収録で、新宿区内の某所に午後ゆっくりめに集合して16時ぐらいまで、正味1時間半で終了。
 エキストラ3人だけで演技するシーン(ばっちり映ったかも)とか、プロの俳優さんとからむカットもあって(というか、この2カットが出演機会のすべてだったんですが)、気持ち的にも充実。放映が楽しみな作品になりそうです。出演料は4~5時間以内なら定額なので、こうやって短時間で終わってくれるとすごくトクした気分にもなれますしね。

 と、気分よく家路を急ぐ途中、乗り換えのため通った飯田橋の地下鉄東西線改札前の切符自動販売機(いちばん左端)で、あやうく「つり銭泥棒」の被害にあいかけました。

 ぼくが自宅から都心に出るのにいちばんよく使うのは東京メトロの270円切符なので、270円×11枚2700円なりの地下鉄回数券をいつも買って持ってます。で、その手持ちが残り少ないので買っておこうと、自動販売機に3000円入れ、切符が11枚出てきて、で、つり銭を……と見ると、3枚あるべき百円玉が2枚しかないのです。
 一瞬自分が何か勘違いしたか、すでに無意識に百円玉1枚財布に入れた状態なのか、とも思いましたが、いや、そんなわけないよね……と、念のため、つり銭が出てくる穴の部分にちょっと手を入れてみると……うげー。なんかベトベトしてる!
 すぐ係員呼び出しボタンを呼んで駅員さんを呼び、「つり銭が100円足りない」と告げると、駅員さんもぼくと同じようにつり銭が出てくる穴に指をつっこみ、しばし奥のほうをさぐった結果、首尾よく100円玉を見つけて渡してくれました。
 ああよかったぁ……って、どうも我ながらみみっちい話題ですが、「270円節約しようと回数券を買ったのに、誰かが100円横取りした」という点に着目すれば37%もののソンってことになりますからね。はは。

 まあそういうわけで個人的には一件落着なんだけど、駅員さんがそのまま駅務室のほうに戻っていったのには少し不安を感じました。
 あのベトベト、むろん誰かが「つり銭泥棒」目的でガムか接着剤でも仕掛けたのに相違ないんで、ちゃんと掃除しておかないとまた再発するに決まってるし、だいいち不衛生ですよね。いったん戻って、あとでちゃんと掃除したのかな。まさか駅員さんが犯人ってことはないよね。
 ともあれ、せっかくの「楽しくお仕事できた」気分にちょいと水をさされた出来事ではありました。

そういうわけで今回の教訓:駅の自動券売機で出てきたつり銭が足りなかったら、自分で指をつっこまず、駅員さんを呼ぶこと。えたいの知れないネバネバで指が汚れるだけソンです。

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

運営人プロフィール 運営:有限会社メディアポート [会社概要] [プライバシーポリシー] [告知掲載について]