フォト

他のアカウント

« 2003年12月 | トップページ | 2004年2月 »

2004/01/28

「スクロールポイントマウス」の話

 この記事は、モノの紹介専門ブログ YanaKen's「物LOG」 側に移しました。
http://yanaken.cocolog-nifty.com/monolog/2006/08/post_b032.html

「ココログでAdSense」の留意点

 先日「Google AdSenseの"代替広告"機能」の話を書き、そのときは「せっかく代替広告を用意してもじきにムダになっちゃうみたい」という結論になったのだけれど、これはあくまでも「普通のWEBサイトの片隅に新規登録した目だたないコンテンツなら、そんなややこしい工夫する必要性は薄そう(^^;」という話なのでありまして。

 この「ココログ」の欄外にAdSense広告を掲示するような場合は、

・新規の記事公開直後=ニフティの「新着記事一覧」に載った時間帯が、とりあえずいちばん多数の訪問者が見込まれるタイミングである。
・この「新着記事一覧」から張られるリンク先は新着記事の固有URLである。
・Google AdSenseは、まだこの時点では当該ページに対しては有効に機能していないはずである。

 ……という図式になります。つまり、
「AdSenseのスペースが"わけわかんない英文で埋まっている"時間=訪問者が多い時間帯」
 という、けっこう情けない事態に陥ることが考えられます。
 なので、こうした(公開ししだい一定程度の訪問者が見込めるような)サイト環境下では、やはり「何らかの代替広告を用意したほうがベター」といえるかもしれません。

 ……と、そんな考えから、さきほど実際に120×600ピクセルサイズの「自前の代替広告」をこのココログ用に作って設定してみました。
 この記事を書き終えて公開したら、自分で表示チェックしてみようという算段なのですが、さて、どんな感じになるかな……?

2004/01/25

驚愕のGoogle検索結果

 数日前、自分のニックネーム"YanaKen"を仮タイトルとしていた姉妹ココログ(ここの前身ともいえる)を「モーニング娘。資料室2」に改題した。

 理由はほかでもない、
「すでにこの旧"YanaKen"サイトは、モーニング娘。メンバーの姓名などでのGoogle検索結果で上位にリストされている」
 ……ということに、おそまきながら気がついたためだ。

 本日再チェックした結果によれば、現役メンバー14人(安倍なつみさんご卒業おめでとう)中、過半数の8人の検索結果で、ぼくの「YanaKen」ココログ内のコンテンツが1ページ目(=10位以内)にリストされていた。
 残る6人中の5人の検索結果も2画面目つまり20位以内。「藤本美貴」だけ惜しくも(?)21位だったが、5期メンバー「新垣理沙」に至ってはトップである。うっひゃあ。

 そりゃ、検索結果上位に自分のページが載れば素朴にはウレシイけど、まだ在来ホームページからの移行途上で中途半端な段階にあるコンテンツの実態に照らして考えれば、いくらなんでも「上位すぎ」な感じだ。

 しかも検索結果の具体的な表示は、
「YanaKen: 飯田 圭織 バックナンバー」
 のように、自分の名前(本来はサイト名)が冒頭に必ず入ってくる。
 まるで「このYanaKenってやつは、いいトシして日本一のモー娘。おたくです」みたいに満天下に宣伝してるようなもんで、われながら相当に居心地が悪い(^^;。

 ……と、以上がサイト名変更の理由である。早くGoogleに反映しないかな。
 と、そのようなわけで、

 「Weblog(Blog)はGoogleの検索結果で上位になりやすい」

 という話はときどき聞くけれど、ウチの「(旧)YanaKen」ココログも、まさにそれにあてはまる現象の渦中にあるようだ。

 もっとも、「Weblogの記事は必ず上位にランクされる」というような単純なものではなく、各種オプションの設定具合、他サイトとのリンク、記事の分量、キーワード……など、もろもろの条件が複合した結果のようにも思える。

 いずれにせよ上位になっちゃったものはしょうがないっていうか、少なくとも「ランクを下げるために努力する」よりは「ランクにふさわしい内容にすべく、がんばってみる」ほうが人生楽しいよね、みたいなことを思ったりしているYanaKenなのであった。

2004/01/24

「中山美穂のカオロジィ」とAdSense「代替広告」

 「カオロジィ」の執筆済み・WEB未公開コラムが12本もたまってしまった。少しピッチを上げよう……というわけで、先ほど「中山美穂」のページを追加。

 この原稿は昨年10月に書いたもので、その時点では「妊娠が明らかになった」という話が主題だったのだけれど、ふと気がつけばすでに1月14日に男児を出産ずみ。時の流れは早いものだ。

 ちなみに無事出産記念ってことで、彼女主演の往年のヒットドラマ「ママはアイドル」が2月4日発売だとか。万一「流産」だったらボツ企画になってたんでしょうね。

 で。今回この中山美穂の記事ページ作成にあたって、Google AdSenseの「代替広告」機能を初めて実地に使ってみた。
 AdSenseは、広告コードを張ったページの内容を検索エンジンのデータベースから拾ってきて、それに適合した広告を自動表示するようにできている。
 いいかえれば「今日初めて公開したばかり」のページはGoogleのデータベースに拾われていない=この機能が働かないわけで、その場合にはデフォルトの「公共サービス広告」が表示される。
 これら「公共サービス広告」は、クリックされてもクリック数データには反映せず、報酬も発生しない上、すべて「英語版」なので、見た目もけっこう唐突な印象になってしまう。
 で、それを「別の(自前の)広告素材に差し替えることができる」というのがこの「代替広告」という仕組みだ。
 これを使えば、たとえば「ふさわしい広告が表示されるまでは、自分が運営している他サイトへのリンクバナーを表示させておく」みたいなことが可能になる。

 試してみると、設定方法はすごく単純で、AdSenseの広告コード(JavaScript)の2行めに、
 google_alternate_ad_url = "http://homepage3.nifty.com/yanaken/fpcu468.htm";
 ……のような項目が追加されるだけ。すでに設置済みのAdSense広告コードに自分であとからこの行を追加するだけでもOKのようだ。
 というわけで、上記「中山美穂」のページで実地に表示確認してみたところ、確かに自前の「FPCUへのリンクバナー」がAdSense広告欄に表示される状態となった。

 もっとも、そうなっていた時間は30分かそこらで、いまの時点ではもう「赤ちゃん」関係の広告が表示されている。どうも、公開からわずか数10分以内に、Googleはこのページの解析を終えてしまったらしい。なんというすばやさ。結局、わざわざ自前の「代替広告」を作る意味はあんまりないかも……(^^;。

2004/01/21

20年来の肩痛に、たぶんさよなら……

 この年末年始、ぼくの20年来の「持病」だった肩の痛みが悪化、とうとう近くの病院の整形外科に行ってきました。

 いやー、お医者さんってすごいなあというのがいまさらながらの実感ですが、半面、なにせこの痛みとのつきあいが長いぶん、ウソのように痛みがひいてしまった今は、なんだか「自分のアイデンティティの一つが失われた」ような感じで、一抹の「寂しさ」も感じていたりします。

           ☆

 と、話はこれで終わりといえば終わりなのですけど、誰かの参考にならないとも限らないので以下、少し詳しく書きます。

続きを読む "20年来の肩痛に、たぶんさよなら……" »

Google AdSense体験3週間

 12月31日にGoogle AdSenseの広告掲載承認通知が下り、在来の個人ホームページ、あるいは「ココログ」など、あちこちに実地に掲載開始しはじめて、そろそろ3週間。
 今も少しずつ掲載ページを増やしたりデザインを調整している段階で、まだ経験値不足なのですけど、いくつか現状のデータをメモっておきます。

・1クリックあたりの収入金額は、今のところ17円ぐらい。
 ⇒1クリック3セントだったり80セント以上だったり、単価はバラバラ。
・肝心の「収入」は今のところ「表示1000回あたり平均40円」ほど。
 ⇒そんなに目だつ位置にばかり掲示しているわけではない前提での値。他サイトではもっとクリック率が高い可能性は当然ある。

 という感じです。従来から導入しているアフィリエイト広告等とのかねあいをどう考えるかとか、そういう話になってくると考える要素が多くなって複雑ですが、管理の手間があまり要らないことなどを考えれば、とりあえずなかなか「おトク」な広告素材だと考えられます。

 といいつつ、うちの場合、いまのところAdSense広告表示回数はまさに"1日1000ぐらい"の規模で、実収入は3週間で10$に達してません。
 したがって、このままの調子なら100$(実際に送金してもらえる最低額)たまるのは今年の秋か暮れごろになりそうです……。

2004/01/19

「アフィリエイト広告」活用の入門書が出始めた

 年末から年明けにかけて、「アフィリエイト広告」に関する一般向き書籍(ホームページ運営者向き)が2冊出てきました。

アフィリエイトで始める!儲かる!ネット通販―仕入れも・在庫も・発送も不要!! TJ mook
アフィリエイトではじめる!ホームページウハウハ副業生活

 昨年の夏ごろ某誌にこのへん関連の入門っぽい記事を連載し、最終回に「もっと詳しくいろんな実践的ノウハウなども加えた単行本を年内にも刊行予定」とか予告まで載ったりしたんですけど、実のところ担当編集者とのチームワークがあまりうまくとれてなくて、難航してる間に「テーマ的に重なる(同一ではないにせよ)本が出はじめてしまった」……というわけで、個人的にはちょっと複雑な気分です(^^;。
 ちなみに、どこでいちばん難航したかっていうとほかでもない、

「ウハウハ儲かる」  的なタイトル/コンセプトにしたくない(それって自分の実感とも、目指してるつもりの方向ともなんだかずれてる気がしてしまう)

 というあたりだったので、こういった本の登場への思いは多少複雑ですけど、まあそういうわけで、2冊とも読んでみるつもりで現在取り寄せ中です。
 後日、読んだら感想とか書いてみようかと思ってます。


↓似たテーマの本が今後増えたら検出できるよう、amazonの「ライブリンク」もつけておきます(検索語「アフィリエイト」)

4つめのココログ(^^;

 昨年12月以来、すでに持っていた3つの@nifty IDでココログサイトをそれぞれスタートしたのですが、いずれもいろいろ試しているうち、
「キーワードをクリックするだけで該当データだけが抽出されて表示される」
 という特徴に着目した「データベース風」の内容になってしまいました。

 記事の並び順の調整のためにタイムスタンプもいじり放題にいじっているため、これらのサイトに書いた記事は登録日付順ではなく、たとえばCDの発売予定日だったり、タレントの誕生日だったりという具合になってます。

 さすがにそういう系統の記事と「ふつうに日記風」の記事とは混在させにくい……というわけで、とうとう新たに@niftyのアカウントを月額250円の「お手軽1コース」で取得し、もう1つのココログをスタートすることにしました。

 こちらでは、以前から個人ホームページ側にある「YanaKen's PC Life」と連動させるかたちで、主に自分の「パソコン生活」「WEB生活」関連の話題、その他身辺雑記?などを扱っていこうと思ってます。(そのうちまた気が変わるかもしれないけれども)

« 2003年12月 | トップページ | 2004年2月 »

運営人プロフィール 運営:有限会社メディアポート [会社概要] [プライバシーポリシー] [告知掲載について]