web
サイト内

« 【エキストラ】映画『純喫茶磯辺』 | トップページ | 【エキストラ】映画『妄想少女オタク系』10/12~13@神奈川 »

2007年10月 5日 (金)

【公開中】未来予想図 10月6日(土)~

iconicon未来予想図[7dream.com]icon 前売り券発売終了

 卒業式や結婚式での定番ソングとなっているDREAMS COME TRUE(ドリームズ・カム・トゥルー、通称ドリカム)の「未来予想図」「未来予想図II」(吉田美和が高校時代に作詞・作曲した作品)の世界観をオリジナルストーリーにふくらませた、大学生カップルの純愛物語。
 2007年4月にクランクイン、5月いっぱいまで日本での撮影が続き、この期間に多数の公募エキストラがボランティア参加。その後6月のスペイン・バルセロナに渡ってロケが行われてクランクアップした作品です。【「東京エキストラNOTES」サイト内で関連の過去ログを検索

 副題ともなっている本作の重要なキーワードが~ア・イ・シ・テ・ルのサイン~。「言葉にすると照れくさいけど、本当の自分の気持ちを伝えるために想いをこめてする仕草」ってことで、『幸せの黄色いハンカチ』をはじめ、ドラマや映画ではいろいろ思い当たるシーンがあり、観れば「ああ素敵だな」と思うわけですが、さて自分の実生活ではどうかというと……正直、「これはアイシテルのサイン」「これはゴメンナサイのしるし」とか、そういう具体的なかたちで思い当たるものは特にありません。

 ただ、「わが家独自の方言」というか、家族間でしか通じないコトバづかいみたいなものは、あらためて考えてみればたくさんあります。ほとんどは恥ずかしくてこういうところで具体的に書けないですが、1つだけ例をあげれば、なにげなく目があったとき、どちらかが「ニャー」と鳴いてみたりするとか(照)(笑)。

 かりに長期間離れて暮らしたあとに再会、みたいなシチュエーションが(今のところそういう予定はありませんが)家族にふりかかったとして、そのときおたがいが最初に発するコトバとしては、もしかしたら「ニャー」がいちばん「長い歳月の経過を忘れさせる」かもしれない。あるいは、自分が「臨終の床」で家族に言い残すコトバとしても、もしかしたら「ニャー」が最適かもしれない。
 とか、いろいろ想像がふくらんだりします。

出演:ヒロインは松下奈緒、相手役男性はオーディションを勝ち抜いた「仮面ライダー剣」出身のイケメン・竹財輝之助。他のキャストの顔ぶれは原田泰三、西田尚美、関めぐみ、加藤雅也、石黒賢、松坂慶子 他。
演出:今回が初監督作となる蝶野博
音楽監修:中村正人(DREAMS COME TRUE)

オフィシャルサイトへ▼
映画「未来予想図」

<主題歌>(10月3日発売)
DREAMS COME TRUE/ア・イ・シ・テ・ルのサイン~わたしたちの未来予想図~

リンクシェア レビュー アフィリエイト

« 【エキストラ】映画『純喫茶磯辺』 | トップページ | 【エキストラ】映画『妄想少女オタク系』10/12~13@神奈川 »

映画公開記録」カテゴリの記事

運営人プロフィール 運営:有限会社メディアポート [会社概要] [プライバシーポリシー] [告知掲載について]