web
サイト内

バックナンバー

カテゴリー

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 【11/23@都内】映画『腐女子彼女。』女性エキストラ大募集! | トップページ | 【山形】松岡錠司監督新作エキストラ募集中 »

2008年11月15日 (土)

【関西】日本旅行が映画『銀色の雨』のエキストラツアーを催行

 旅行代理店「日本旅行」のWEBサイトに、既報の映画『銀色の雨』「エキストラツアー」の情報が掲載されました。
 関西地区在住者対象、行き先は鳥取県米子市。一組2名以上での参加が前提で、最少催行人員50名(つまり、50人以上の申し込みが集まれば実施される)とのことです。
 地域活性化、国内旅行業界活性化、撮影される映画そのものの話題作り……などなど、さまざまなメリットにつながるわけなので、こういう試みはもっと増えてくるといいナと思いますネ。

 ただし、本ツアーは、なんというか「高級温泉宿でまったり・山陰の味に舌鼓。ついでに映画のロケに参加してスターに接近遭遇、おみやげつき」みたいな「ちょっとゴージャス」系の(そのわりには安い?)プラン、という印象です。「参加してみたいけど、極力安く」というかたは、米子市内のビジネスホテルとかならシングル一泊3000円台~1万円弱だったりするんで、エキストラ申込み、宿・交通の手配等、自力でされたほうがよろしいかと思われます(映画鑑賞券はつきませんが……)。
じゃらんnet>米子・皆生・境港の宿を検索
楽天トラベル>米子・皆生温泉・大山 の宿を検索

<ツアー募集概要>
スケジュール:2008年12月12日(金)~13日(土)※13日が撮影日
参加特典:スタッフジャンパー、映画鑑賞券(ペア)。13日の朝食、昼食(ロケ弁?)つき。
撮影日:2008年12月13日(土)
 ※前日に現地近くの"皆生温泉"で一泊、が前提(説明会が行われる)。
 ※宿泊施設は4軒の中から選べ、ついでに観光したい場合は延泊申込も可能。往復のJR切符つき/宿泊のみの2タイプあり。
撮影場所:鳥取コンベンションセンター(米子駅前)
撮影時間:9:00~17:00頃
 ※撮影開始時間に合わせて、皆生温泉から米子駅前までバス移動。(旅行代金に含まれる)
撮影内容:映画のラストシーンとなる中村獅童が演じるボクサーの引退試合。会場は「後楽園ホール」の設定。
役柄:ボクシング試合の観客。

<作品概要>
作品名:『銀色の雨』2009年秋、全国80館規模で公開予定
原作:浅田次郎「銀色の雨」--短編集「月のしずく」(文春文庫)所収
 高校生、殺し屋、スナックのホステスの奇妙な同居生活を描く。原作の舞台「昭和40年代の大阪」を現代の地方都市に置き換え、鳥取県米子市近辺や境港市、大山町、島根県松江市美保関など山陰地方で撮影される。
監督:鈴井貴之(「水曜どうでしょう」レギュラー)
脚本:宇山圭子、鈴井貴之
配給:エスピーオー
制作プロダクション:ワオワールド
主な出演者:賀来賢人、前田亜季、濱田マリ、サンドウイッチマン、輪島功一、竹原信二、Team NACS、中村獅童 ほか

詳細・申込は「日本旅行」のサイトでどうぞ▼
 映画「銀色の雨」撮影エキストラツアー http://www.nta.co.jp/kansai/kokunai/giniro/
 日本旅行「目的・テーマで見つける旅>話題の映画・ドラマ」のページ
 ⇒上記旅行のほか、"安眠島「太王四神記」セット場見学ツアー"、"NHK大河ドラマ「篤姫」篤姫ゆかりの地へ"などの情報があります。

『銀色の雨』既報エキストラ募集情報はこちら▼
http://yanaken.cocolog-nifty.com/extra/2008/10/post-5407.html

« 【11/23@都内】映画『腐女子彼女。』女性エキストラ大募集! | トップページ | 【山形】松岡錠司監督新作エキストラ募集中 »

映画」カテゴリの記事

《近畿地方》」カテゴリの記事

《中国・四国地方》」カテゴリの記事

○エキストラ募集記録2008」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

運営人プロフィール 運営:有限会社メディアポート [会社概要] [プライバシーポリシー] [告知掲載について]