web
サイト内

バックナンバー

カテゴリー

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

from [MAIN SITE]東京エキストラNOTES

募集中(収入あり系)

ボランティア・エキストラ
募集中

カテゴリー「●協力作品2006」の85件の記事

2007年6月 6日 (水)

『舞妓Haaaan!!!』エキストラ募集履歴おさらい&劇場公開情報

舞妓Haaaan!!!icon  昨年8月から10月にかけて当サイトがエキストラ募集協力した作品、映画『舞妓Haaaan!!!』が来週末(6月16日・土曜日)に公開開始となりますので、あらためて作品概要、エキストラ募集履歴、チケット情報などを記事にまとめてみました。
 エキストラに参加された方はもちろん、そうでない方も、過去のエキストラ公募履歴などにざっと目を通しておくと、予備知識が多角的になるぶん映画の面白さもひとしおかも。
 ちなみに、今作のエキストラ公募は東京(横浜)・京都・金沢・大阪と各地で行われ、自分も横浜で二百名規模のエキストラが動員された「株主総会」シーンに参加しましたが、実地のエキストラ体験よりも、キャスト/スタッフの熱心なファンの皆さんからのあまりの反響の大きさで、「残念ながら当選確率は相当低いそうです」みたいな沈静化アナウンスを流したり、ブログの運営面で四苦八苦した思い出のほうが強烈だったりしました(^^;。
 銀座で行われるという「舞台挨拶つき初日」の上映も、さぞかしファンの熱気に包まれるのだろうなあ、チケットなんかすぐ完売だろうなあ……というわけで、今回自分では普通の前売券を買って、平日に近所のシネコンで見ようと思ってます(^^;。
 ※なお、この作品のエキストラに参加された方の「思い出」とか、劇場でご覧になった方の感想とかのコメントは歓迎ですのでどうぞよろしく。

続きを読む "『舞妓Haaaan!!!』エキストラ募集履歴おさらい&劇場公開情報" »

2006年12月28日 (木)

注目の女性監督新作映画『Don't laugh at my romance.』(仮)がエキストラ募集

 “せつなさ100%の恋愛小説”として話題を呼んだ「人のセックスを笑うな」(山崎ナオコーラ著、第41回文藝賞受賞作。芥川賞の候補にもなった)が東京テアトル株式会社の手で映画化されるそうで、2007年1月中旬から2月にかけてのエキストラ募集が同社のオフィシャルサイトでスタートしています。

iconicon
井口奈己監督前作『犬猫』DVD
写真提供&リンク先:セブンアンドワイ
icon
 監督は、女の子同士の微妙な友情関係を描いたデビュー作『犬猫』(2004、榎本加奈子、藤田陽子、忍成修吾、西島秀俊 他)で国際的な評価を得て「成瀬巳喜男、小津安二郎の再来」と称された井口奈己(オフィシャルサイトでの表現をお借りしました)。
 キャストは未公表ですが、原作は「19歳の青年と39歳の美術専門学校講師」の恋愛が軸。したがって「いわゆる"女ざかり"な美人女優とフレッシュな若手男優」がメインになるハズですが、担当者の方のお話によれば「予算が限られている中、主旨をご理解いただいて、豪華出演者を揃えることが出来た」とのことです。

続きを読む "注目の女性監督新作映画『Don't laugh at my romance.』(仮)がエキストラ募集" »

2006年12月19日 (火)

札幌で映画『ココロの星』エキストラ100名募集

<追記2007/9/7>
Mayu-ココロの星 前売券[ぴあ] 発売中(全国共通鑑賞券)
オフィシャルサイトへ▼



iconicon 北海道で撮影中の映画のエキストラ募集告知掲載依頼をいただきました。
 21歳にして乳がんと診断された札幌在住の女性自らの手になるノンフィクション『おっぱいの詩(うた)』(講談社刊)の映画化。ロケ地は札幌市内です。
セブンアンドワイで原作本を見るicon
amazon.co.jpで探す
「映画のテーマに惹かれて」「出演者のファンだから」「映画の撮影現場を体験してみたい」……はたまた「いい機会だから北海道旅行のついでに」みたいな動機での道外からの応募もアリかナ?
 ともあれ以下、いただいた告知原稿をそのままご紹介します。

続きを読む "札幌で映画『ココロの星』エキストラ100名募集" »

2006年12月18日 (月)

綾瀬はるか主演映画エキストラ大募集がスタート(僕の彼女はサイボーグ)

2007/2/24追記……神戸での募集は終了しました。東京・福島県いわき市・岐阜県郡上八幡の募集は継続していますので、ふるってどうぞ。
作品名等も公表してよいことになりましたので、タイトル、記事末尾、カテゴリ名などに適宜反映しておきます。


 主演女優の情報以外の詳細がまったく明かせない段階ですが(当然ボクも知りません)、撮影期間たっぷり3ヶ月、ロケ地も関東・関西・東北・中部にまたがる大規模エキストラ募集告知のご依頼をいただきました。
 希望者はまずメールで登録すると、後日、具体的な日程などの詳細が随時連絡されるしくみになっています。
 製作元として名前が上がっているのは下記の2社。

 ・トライストーン・エンタテインメント
   小栗旬田中圭など若手俳優の所属プロダクション。社長の山本又一朗さんは70年代の『ベルばら』から数年前の『あずみ』『同2』まで、多数のヒット作品、話題作を手がけてきたプロデューサー。
 ・スープレックス(代表取締役・佐谷秀美)
   『嫌われ松子の一生』『東京大学物語』『暗いところで待ち合わせ』『LOVEDEATH』などを製作。

 ……と、こういう間接的な情報だけでも「かなりの話題作になりそう」と想像がひろがるタイプの募集ではあります。興味がある方は今から名乗りを上げておきましょう。

続きを読む "綾瀬はるか主演映画エキストラ大募集がスタート(僕の彼女はサイボーグ)" »

2006年12月14日 (木)

『パッチギ! LOVE&PEACE』製作発表/都内エキストラ公募終了

 10月からエキストラ募集情報のご紹介を続けてきた『パッチギ!』続編、本日マスコミ向けに製作発表が行われたようですね。朝日新聞の夕刊にもずいぶん大きく載ってました。(これぐらいの規模でエキストラ募集告知が新聞に載れば話が早いのに、とかつい思ってしまった(^^;)
 同時にオフィシャルサイトもとりあえず本格オープンしています(ヘンな言い方ですけども、1ページだけなので……)。
http://www.pacchigi.jp/loveandpeace/
 映画のタイトルが『パッチギ! LOVE&PEACE』となったこと(今度こそ本決まりらしい)や、主な出演者の顔ぶれを上記で知ることができます。

<オフィシャルサイトで紹介されている出演者名>★印は前作出演者
井坂俊哉西島秀俊中村ゆり藤井隆
風間杜夫キムラ緑子★(アンソン・キョンジャの母役)、手塚理美キム・ウンス米倉斉加年村田雄浩桐谷健太★、ラサール石井杉本哲太麿赤兒でんでん

続きを読む "『パッチギ! LOVE&PEACE』製作発表/都内エキストラ公募終了" »

2006年12月10日 (日)

東京藝大映画大学院 黒沢清・北野武ゼミ卒業製作「心」エキストラ募集

 今年の5月に一度ご紹介した「東京藝大映画大学院 黒沢清北野武ゼミ」(日本唯一の"国立"映画学校)第1期生の皆さんがいよいよ「卒業製作」にかかるそうで、現在、その作品「心」のエキストラ出演者を急募中です。(13日水曜日に撮影だそうで、ホントに大至急)
 当日の出演者の顔ぶれはわかりませんが、作品概要にある通り利重剛さん、役所広司さんなど著名俳優がキャストに並ぶ本格的作品。交通費程度とはいえ出演謝礼(1000円)もあります。ロケ地は同大学院の地元・横浜市内。
 皆さんも、明日の日本の映画・映像業界を担うであろうみなさんの門出を、エキストラというかたちで応援してみませんか。

続きを読む "東京藝大映画大学院 黒沢清・北野武ゼミ卒業製作「心」エキストラ募集" »

2006年12月 8日 (金)

【短信】映画『パッチギ! PART2(仮)』が沖縄県ロケのエキストラを募集

 首都圏近郊での撮影が続いている『パッチギ! PART2(仮)』ですが、12月20日~27日の8日間は「沖縄県石垣島」でのロケが行われるそうで、これまでの東京近郊ロケとは別に、沖縄県内で募集告知がスタートしているようです。
 WEB上では「沖縄フィルムオフィス」に情報があります。ただしここからの申し込みは「沖縄本島から参加するエキストラ」のみ。石垣市内在住者は直接メールで申し込みを受け付けるとのことです。そのへんも含め、詳しくは沖縄フィルムオフィスのサイトでどうぞ。

続きを読む "【短信】映画『パッチギ! PART2(仮)』が沖縄県ロケのエキストラを募集" »

2006年12月 4日 (月)

【作品近況】中田秀夫監督『怪談』オフィシャルサイトがオープン

 当サイト経由で募集告知を知った方も多かったと思われる『怪談』のオフィシャルサイトが12月1日に本格オープンとなり、「10年に1度の日本映画」という頼もしいキャッチフレーズや、「メイキング(ちょっとだけ)」「9月25日製作発表」「特報」などのムービーを見ることができます。

 中でも「特報」は、公募エキストラが多数参加したシーンも要所要所に(瞬間的にですが)使われているので、実際に参加された方なら「おお、こういう映像になったんだ……」と、かなり感慨深いものがあるのでは。

 個人的には、特に「夏の夜のシーン」の映像がなかなかに素敵で、「ああ、あの日も参加しておけば……」とか、少し後悔ぎみだったりしますが(^^;。

http://www.kaidan-movie.jp/
※公開は2007年夏、まだだいぶ先です。

2006年11月28日 (火)

『パッチギ! PART2』八千代ロケについて

 前から当サイトをご覧の方には繰り返しになっちゃうのですが、映画『パッチギ!PART2(仮)』の大掛かりなロケが来週12月6日~8日、3日連続の日程で千葉県八千代市(東京都心・大手町から地下鉄東西線直通で50分程度のところ)で行われます。

 オフィシャルサイトの告知は「映画を見に来ている観客役」というおだやかな表現になっていますが、実はこの日程の撮影では「主要キャスト勢ぞろい、映画のラストを飾る衝撃のクライマックスシーン」が撮られるのだそうで、具体的な内容まではぼくも知りませんが、相当「面白い」撮影になりそうです。
 撮影日程そのものは3日3晩にわたるため、全部つきあうとなると大変なことになっちゃいますが、半日程度のエキストラ参加も可能だそうですので、まずは申し込んでみられることを(まだ申し込んでない方には)オススメします。

http://www.cqn.co.jp/pacchigi2extra.html#a
 ※人数取りまとめ作業の関係上、本日22時ごろまでに送ると喜ばれるようです。

 あと、以前から今作の他日程エキストラに申し込み済みの方に届いている「募集詳細」についてですけど、終了時刻が「24時」となっているのは(当然といえば当然ですが)「おおざっぱな表現」で、実際には終電(東京方面は23時台)にちゃんと間に合うように帰してもらえるそうです(自分も連日参加する予定なので、念のため確認しました(^^;)。

2006年11月18日 (土)

佳境・映画『パッチギ!PART2(仮)』エキストラ募集中

<茨城ロケに参加してきました>
 17日夜から翌早朝にかけて、『パッチギ!PART2(仮)』の「列車シーン」徹夜撮影(11月12日記事参照)に参加してきました。
 朝8時ごろ帰宅して午後まで爆睡、それでも寝たりなくてまた夕方まで寝てしまい、そのあと夕食食べてTV見て、ようやく今こうやって記事を書いているわけですが(ああ、仕事がたまっていく)、間違いなく「この映画を代表するド迫力シーンの1つ」の撮影の様子をナマで目撃させてもらった、というのが端的な感想です。
 その意味では大満足ですが、東京都心より気温が低い郊外=茨城県某所の駅の吹きっさらしのホームを使っての夜通しの撮影。しかも季節設定は「9月」なので本番では比較的薄着での出演。個人的にはあらかじめ寒さは想定して準備したつもりだったのですが、それでも夜中の2時、3時となると相当寒さが身にしみました。

続きを読む "佳境・映画『パッチギ!PART2(仮)』エキストラ募集中" »

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2004年 2005年 2005年公開映画 2006年公開映画 2007年公開映画 2008年公開映画 2009年公開映画 2010年公開映画 AKB48 MMJ NHK NTV Storm Rider TBS2004 TBS2005 TBS2006 TBS2007 TBS2008 TBS2009 TBS2011 TV朝日、ABC TV東京 WOWOW ○AFTER CARE ○DVD情報 ○GOODS ○INFORMATION ○PV ○TVドラマ2004 ○TVドラマ2005 ○TVドラマ2006 ○TVドラマ2007 ○TVドラマ2008 ○TVドラマ2009 ○TVドラマ2010 ○エキストラの基礎知識 ○エキストラ事務所の情報 ○エキストラ募集記録2005 ○エキストラ募集記録2006 ○エキストラ募集記録2007 ○エキストラ募集記録2008 ○エキストラ募集記録2009 ○エキストラ募集記録2010 ○ケータイおすすめサイト集 ○ケータイドラマ ○コマーシャル ○サイト紹介 ○ネット配信 ○バラエティ ○公開・放映情報 ○公開記録 ○単発ドラマ ○参考書籍紹介 ○撮影と演技実技 ○撮影体験 ○旅行情報 ○演劇 ○用語 ○記念品カタログ ○資料書籍情報 ○運営上のお知らせ ○関連アルバイト情報 ●募集協力作品● ●協力作品2005 ●協力作品2006 ●協力作品2007 ●協力作品2008 ●協力作品2009 ●協力作品2010 《中国・四国地方》 《九州》 《千葉》 《埼玉》 《東京近辺》 《東北地方》 《沖縄》 《海外》 《神奈川》 《群馬・栃木》 《近畿地方》 アルタミラピクチャーズ オダギリジョー クァク・ジェヨン シネカノン タナダユキ ダブ フジテレビ、関西テレビ 三谷幸喜 上戸彩 上野樹里 中田秀夫 井上真央 井筒和幸 佐藤嗣麻子 佐藤祐市 品川ヒロシ 園子温 堀北真希 堂本剛 堤幸彦 夏帆 奥田瑛二 宮藤官九郎 小栗旬 崔洋一 平山秀幸 成海璃子 新垣結衣 映画 東京芸大 松山ケンイチ 松岡錠司 榮倉奈々 橋口亮輔 水田伸生 永田琴 池田千尋 瀬々敬久 監督:三谷幸喜 監督:井筒和幸 監督:佐藤祐市 監督:堤幸彦 監督:平山秀幸 監督:平林克理 監督:水田伸生 石原さとみ 綾瀬はるか 脚本:宮藤官九郎 蒼井優 蜷川実花 製作:MMJ 製作:ダブ 製作:ブースタープロジェクト 長澤まさみ

運営人プロフィール 運営:有限会社メディアポート [会社概要] [プライバシーポリシー] [告知掲載について]